ハロー!プロジェクト関連ライブ・イベントへの参加記録です。

2004/9/26 18:00

松浦亜弥 代々木第一体育館 「コンサートツアー2004秋~ 松◇クリスタル◇ 代々木スペシャル ~」

ライブレポ from 薫ythm

夜公演は、客席は2Fスタンド最上段まで埋まる満席。1F北スタンド中央に報道陣のカメラが入っている。ところが、M02の「恋してごめんね」で黒赤の衣装が前からはだけて、下の次の蛍光緑の衣装が見えてしまう。結局M03,M04は黒赤衣装を取って、次の緑の衣装で歌っていた。これでDVD映像は昼公演で決定かな?あと、「Yeah! めっちゃホリディ」の2コーラス目の歌い出しがオケから思い切りずれていた。おそらく昨日の公演も同じだったと思うので、結構聞きづらい中で歌っているんだろうな。
最初のMCでは“昨日家族も見に来て、たくさん見に来てくれてたねぇって感激してました。妹たちもノリノリだったって。ステージで頭を下げている姿、格好良かったって。柔道と一緒、礼に始まり礼に終わるって。あと、つんくさんからメールが届きまして、ライブ素晴らしかったよとか結構いろいろ書かれていたんですけど、最後に、一番言いたいことはドラマの話ですって。1話から10話まで全部見ました。つんくさんは柔道とは受け身から始まるスポーツですっていうのが大好きで松浦も受け身を大切にってメールをいただきました。受け身はもうしないと思いますけれども、いや、投げられたりすることがあったらするけれども。”
アンコール後のツップリのあと、“後でこのライブ映像を見て恥ずかしくなるくらい私は盛り上がりました。みんなも盛り上がった?私より汗かいている人いっぱいいるね。代々木またライブやるから、その時はよろしく!”

ということで代々木は大成功と言っていいかな。成功の第一の要因はなんといってもステージセットだろうな。やはりアイドルは特に近くで見てこそ感動が生まれるものだから、一般の人、特に女性や子供もかなり来てたけど、かなり楽しめたと思う。実際セットリストも夏~秋ツアーのマイナーチェンジでしかないのに、結果は期待以上の満足感。新しい試みと、会場スケールから来る高揚感の威力はすごかった。
昨日の事だけど、松浦の“今はあまり口にしたくないけど、自分を信じて、みんなを信じて…”という言葉が、刹那的なこの世界の、頂点と終局面の狭間の微妙なバランスの上に立つものの機微を感じさせるコメントだった。先のコトなんて半年後だってわからない。でも、松浦が昨日今日でのべ三万の観客を魅了したのは事実。アンコールで、手を振りながら外周花道を歩いてメインステージに戻る松浦の向こうに見えたスタンドの人たちはみんなとびきりの笑顔だった。三公演とも、最後まで笑顔を貫ぬき通した松浦があまりに頼もしく格好良かった。

■セットリスト
M01 YOUR SONG ~青春宣誓~
M02 恋してごめんね
M03 DO YOU LOVE ME?
M04 THE LAST NIGHT
MC
M05 Yeah! めっちゃホリディ
M06 トロピカ~ル恋して~る
MC
M07 渡良瀬橋
M08 絶対解ける問題 X=ハート
(2コーラス目までスクリーン映像)
M09 The 美学
M10 桃色片想い
M11 100回のKISS
M12 LOVE涙色
M13 ドッキドキ! LOVEメール
M14 初恋
・松浦亜弥Q&A(スクリーン映像)
M15 奇跡の香りダンス。
M16 ね~え?
M17 風信子
M18 I know
M19 GOOD BYE 夏男
アンコール
MC
M20 シャイニング デイ
M21 可能性の道
end

タグ: ,

TRACKBACK URL

http://hplive.sylphlike.com/2004/09/26/%e6%9d%be%e6%b5%a6%e4%ba%9c%e5%bc%a5%e3%80%80%e4%bb%a3%e3%80%85%e6%9c%a8%e7%ac%ac%e4%b8%80%e4%bd%93%e8%82%b2%e9%a4%a8%e3%80%80%e3%80%8c%e3%82%b3%e3%83%b3%e3%82%b5%e3%83%bc%e3%83%88%e3%83%84%e3%82%a2-3/trackback/

TRACKBACKS



Leave a Reply

∴About
∴Archives